育毛シャンプーや育毛剤など、育毛や薄毛、AGAなどについての知識・情報

ここからコンテンツ内です。
  1. 育毛シャンプー/育毛剤 | 育毛.net
  2. > 育毛その他

ハゲ・薄毛への挑戦状!育毛先進国米国式育毛メソッド

スポンサードリンク



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. トラックバック(-)|
  2. コメント(-)
  3. カテゴリー:スポンサー広告

★「植毛」について

こんにちわ。

今回は、育毛とも発毛とも違う「植毛」について説明したいと思います。
植毛というのは、字の通り、毛を毛が薄くなった頭皮に植えつけることです。

植毛の技術は日本で生まれました。
頭皮に毛を植えて毛根を再生させる技術ですので、植毛は育毛や発毛の方法とは違い、医療行為となります。

ここでは、一番安心な自毛植毛による、手植え植毛の方法について書きたいと思います。

男性ホルモンの影響を受けず薄毛になりにくい後頭部などの髪の毛を、薄毛の部分に移植するのが自毛植毛です。
頭頂部が薄くなってしまった人でも、後頭部の髪は薄毛になりにくく残っているものです。

その後頭部の髪を幅1cm、長さ6cmほど皮膚ごと切り取ります。
切り取った後の後頭部部分は縫合します。
この部分は、周りの髪に隠れて、切り取ったことがほとんどわからなくなります。

切り取った髪は移植手術に適した大きさに切り分け、1本ずつ手植えで移植していきます。
しばらく経つと移植した髪は抜け落ちてしまいますが、毛根は生きているため、半年後には健康な毛を再生させます。
上手く定着すれば、もともと脱毛しにくい部分を移植しているため、一生伸び続けます。
手作業なので、きめ細かい作業ができ、現在スタンダードな植毛技術となっています。

育毛シャンプーなどを使ってみても効果がないような場合には、このような植毛という選択肢もあります。
ただ、価格は30万~50万程度、場合によっては100万円前後かかります。

また、植毛は髪の毛だけでなく、眉毛・ヒゲなどにも施術されています。
育毛シャンプーや育毛剤、かつら、植毛など、それぞれのメリット・デメリットを考え、自分に合った方法を選んでください。

スポンサーサイト
  1. トラックバック(-)|
  2. コメント:0
  3. カテゴリー:育毛その他

★「男性ホルモン」と「ハゲ」の関係性

アメリカの医師、ハミルトンさんという人が興味深い実験をしました。

そして、思春期もしくはそれ以前に去勢された男性(ニューハーフになった男性)には、
ハゲになる人がまったくいなかったという実験結果がでています。

また、ハミルトンさんは去勢された男性に男性ホルモンを投与するという実験も行いました。

その結果、ハゲの家系の男性のみ、ハゲが進行しはじめました。

この2つの実験結果からわかることは、「男性ホルモン」と「ハゲ」には、
何らかの因果関係があると思われるということです。

世の男性諸君は、

「じゃあ、どうしたらいいんだ!」と思いますよね。

ご安心ください。

自宅でできる簡単な育毛・発毛法がこちらにあります。
どうすればいいか、知りたい人は今すぐにこちらをクリックしてください。

 →http://www.tmaweb.biz/10802/


薄毛であるばかりに実際よりも老けて見られることがあります。

いつまでも髪の毛が黒くてふさふさというのは、
若さの象徴として、私たち男性には誰もが抱く共通の願望ではないでしょうか?


育毛やかつらといったビジネスは、今や一大産業に成長しました。
大小様々な企業がそれぞれ工夫を凝らして育毛ビジネスにしのぎを削っています。

そんな中、確かに人工のかつらや植毛技術というのは格段に進歩していますが、
あまりにも高価すぎるゆえ、まだまだ一般的には、安易に手に出来る状況ではありません。

その上、高価な投資にも拘らず、思ったほどの効果が見られなかったり、
間違った方法で事故が起きたりという問題もまだまだ多くあるようです。


しかし、これまでの育毛理論を根本から変える
画期的な育毛マニュアルが登場しました。

高級発毛サロンに頼らず、高額な資金を掛けないで自分で出来る育毛マニュアル。

もし、あなたが髪の毛とのことで悩みを持っているのなら、
この情報を真剣に取り入れることをお勧めします。

  →http://www.tmaweb.biz/10802/

  1. トラックバック(-)|
  2. コメント:0
  3. カテゴリー:育毛その他

「育毛」と「増毛」の違い

大型連休ですね。
横浜は、とても良い天気です。

豚インフルエンザとかの問題もありますけど、せっかくの連休、楽しみたいですね。


今回は、「育毛」と「増毛」は、どう違うのかについて書きたいと思います。
(これを書いたら私も家族で出掛けます。^^)

まず育毛は、現在生えている髪にハリやコシを与え、抜け毛を予防し、髪の健康を育むことです。
そのため育毛法としては、頭皮と毛根を清潔にして毛根に有効な成分を与えるというのが一般的です。

使用するのは、育毛シャンプーや育毛剤などの頭部につけるものと、飲む育毛剤プロペシア(フィナステリド)があります。

育毛の効果は自分に合った育毛シャンプーなどを半年程度続けることで、効果が期待できます。

次に増毛とは、1本もしくは複数本の人毛や人口毛を自毛に直接結びつけ、人毛や人口毛を結びつけた人工皮膚を装着します。

現在では技術の進歩により、狭い範囲での部分的に薄くなった箇所を短期間で増毛する部分増毛や、広い範囲で行う全体増毛があります。

アデランスのピンポイントフックスは、はえぎわや頭頂部の健康な自毛に人口毛を結びつける増毛法で、調整時にメンテナンスがあるため、普段の手入れがいらないというのが特徴です。
また、同じくアデランスのヘアスキンは、人口毛を植えつけた薄さ0.06mmの超極薄ベースを頭皮に密着させる増毛です。

プロピアの増毛、スティプル・ミクロアップ・ミクロハイパーはシームレス結着法で、自毛に人口毛を結着させます。
ミクロアップ・ミクロハイパーは自毛が伸びた時、人口毛を根元まで下ろし再利用ができます。

こ例外にも様々な増毛法があります。

このように、育毛と増毛は異なるものです。
どのような方法を選択するかは、費用などの面もありますので、いろいろ調べたり、専門家に相談してりして、判断してください。

  1. トラックバック(-)|
  2. コメント:0
  3. カテゴリー:育毛その他

髪の毛のサイクルについて

髪の毛のサイクルについては、ご存知でしょうか?

髪は、「成長期→退行期→休止期」を繰り返し、一定の成長をした後に抜け、抜けた毛穴から2~3ヵ月後くらいに新しい髪に生え変わります。

■成長期
毛母細胞が分裂を繰り返す時期です。
休止期になくなった毛母細胞が細胞分裂を繰り返して髪となり、表皮へと伸びていきます。
その後、頭皮から出ている毛幹部が太く、そして長くなっていきます。
期間は男性の場合で3~6年、女性の場合には4~8年です。

■退行期
色素細胞がメラニンの合成をやめ、内部の細胞がやせて細くなります。
分裂を繰り返していた毛母細胞の増殖の速度が急速に落ちていきます。
そして、毛球部分が表皮に向かって動き出し、小さくなっていきます。
この期間は約2~3週間です。

■休止期
髪の毛が完全に成長を止める時期です。
ただ、その下では、新しい髪が表皮に出る準備をしています。
古い髪はいつ抜けてもおかしくありません。
ブラッシングやシャンプーなどで簡単に抜け落ちてしまう髪は、この時期のものです。
この時期の毛乳頭は毛根部分から離れ、新しい髪の成長の準備をしています。
休止期が長く続くと新しい髪がはえてこない場合があります。


髪には、上記のようなサイクルがあり、1日に約50~100本程度抜けます。

問題は、休止期の髪が抜けているかどうかで、寿命を終えた髪というのは、毛根がふっくらとして、マッチ棒のような感じです。

これに対し、毛根に丸みがなく、細くパサついている場合には、円形脱毛症などの異常脱毛の可能性があります。
抜け毛全体が細くなっている場合には、男性型脱毛症だと言えます。

このような毛は通常のサイクルよりも早く寿命を終えて、次の新しい毛の準備ができていない場合が多いのです。

髪が栄養をしっかりと吸収して成長するためには健康な頭皮がかかせません。

育毛シャンプーなどを利用して、頭皮をいたわり、髪を大切にしてください。


★人気の育毛剤~価格比較・レビュー~★
★人気の育毛シャンプー~価格比較・レビュー~★

育毛先進国米国式育毛メソッド


  1. トラックバック(-)|
  2. コメント:0
  3. カテゴリー:育毛その他

育毛の知識「毛髪の構造について」

育毛・発毛を目指すにあたって、基本となる毛髪の構造を知っておきましょう。

毛髪は、頭皮から出ている「毛幹部」と頭皮の表面から埋まっている「毛根部」に分けることができます。

毛根は毛包が主体となっています。
毛包は毛穴より下にあって、毛根部を取り囲んでいる組織のことです。
毛包は、毛髪が育っていく過程の中でとても重要な部分になります。

毛根の下にある球状に膨れた部分は、毛球と呼ばれます。
この毛球の中には、毛母細胞が詰まっています。
その毛母細胞の中心部に毛乳頭というものがあります。
毛乳頭は毛細血管から栄養分を受け取ります。

そして、毛母細胞は毛乳頭から栄養を受け取り、細胞分裂を繰り返し、成長して毛髪となります。
それが毛穴から髪の毛として外へ出てくるのです。

脂線は、毛根の途中につながっています。
そのため毛穴は皮脂の出口にもなっています。

髪は、皮脂に守られてツヤやハリを維持しています。

しかし、皮脂の分泌が多すぎてしまうと、頭皮がベタつくだけでなく、毛穴に詰まって角栓を作り、皮膚炎や湿疹の原因となることがあります。

また、皮脂や汚れで毛根が詰まってしまうと、髪が抜け替わることを忘れてしまい、休眠状態になってしまいます。

育毛シャンプーは、この毛穴に詰まった皮脂を取り除いて健康な髪を作るのに役立ちます。
全身から出るおよそ60%の皮脂が頭皮から分泌されます。

そして、汗とともに有害ミネラルを排出するデトックス効果も大きいのです。
育毛シャンプーを活用して、頭皮の健康を守ることは体の健康にもつながります。


★人気の育毛剤~価格比較・レビュー~★
★人気の育毛シャンプー~価格比較・レビュー~★

ハゲ・薄毛への挑戦状!■育毛先進国米国式*育毛メソッド■
  1. トラックバック(-)|
  2. コメント:0
  3. カテゴリー:育毛その他
スポンサードリンク



  1. 育毛シャンプー/育毛剤 | 育毛.net
  2. > 育毛その他
ブックマーク&RSS登録



最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
売れてます!


育毛先進国米国式育毛メソッド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。