育毛シャンプーや育毛剤など、育毛や薄毛、AGAなどについての知識・情報

ここからコンテンツ内です。
  1. 育毛シャンプー/育毛剤 | 育毛.net
  2. > 薄毛

ハゲ・薄毛への挑戦状!育毛先進国米国式育毛メソッド

スポンサードリンク



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. トラックバック(-)|
  2. コメント(-)
  3. カテゴリー:スポンサー広告

「薄毛・抜け毛」と「生活習慣」

育毛シャンプー/育毛剤 | 育毛.net

毛髪は体の臓器と比べると、生命維持に関しての重要度が低く、栄養が足りない場合、臓器への栄養供給が優先され、毛髪への栄養補給は後回しにされます。

これでは、せっかく育毛シャンプーなどを使って頭皮をいたわっていたとしても毛髪が育ちません。

食事制限などの無理なダイエット方法は、髪のつやがなくなり、抜け毛や薄毛の原因となります。
また、無理なダイエットがストレスになってしまい、そのことが原因となって抜け毛や薄毛になってしまう場合もあります。

ダイエットを行う場合には、栄養バランスをよく考えて体に負担をかけないようにしなくてはいけません。

薄毛や抜け毛の対策というのは、体の健康対策と同じです。

片寄った食事をとらず、栄養バランスを考えた食事、生活リズムを整えることが大切です。
それによって、ストレスにも強い身体を作ることができます。

過度のストレスは頭皮の血行不良を引き起こしてしまい、髪の成長によくないので、ストレスをなくすことが薄毛・抜け毛対策となるのです。

また、喫煙はもちろん、アルコールの取りすぎも血行を悪くします。
アルコールは適当量ならば血行を良くしますので、飲みすぎないよう気をつけましょう。

睡眠不足も髪には良くありません。
睡眠不足で疲れていると、栄養が臓器に優先的に送られて、毛乳頭には送られにくくなるからです。
副交感神経が活発に働く夜の睡眠中が、体の新陳代謝が最も良くなって髪にも栄養が行き届くのです。

しっかりとした睡眠、バランスのとれた良い生活習慣で、髪の健康を守りましょう。
そして、育毛シャンプーなどを使って頭皮の状態を整え、薄毛・抜け毛を防いでください。

スポンサーサイト
  1. トラックバック(-)|
  2. コメント:0
  3. カテゴリー:薄毛

薄毛とタバコの関係は?

一般に喫煙は体に害を与えるものですが、毛髪にとっては、どのような影響があるのでしょうか。

タバコに含まれているニコチンは、血管を収縮する作用があります。
このため、喫煙によって血液の循環が悪くなってしまい、頭皮に送られる栄養が減ってしまいます。

更に、ニコチンはビタミンCを破壊します。
そのため、ストレス解消のつもりんもタバコが、かえってストレスを起こす原因となり、頭皮の弾力が失われてしまいます。

頭皮の状態が悪くなれば、髪の成長が阻害されてしまいます。
また、血管の収縮により、肌荒れやしみ、そばかすなどの原因にもなります。

喫煙は、平成18年度の厚生労働省研究班の研究によると、40歳時点での喫煙者は男性で約5年、女性では約4年、吸っていない人と比べて余命が短いということです。

また、喫煙は単独でがんの原因の30%程度を占めています。
タバコの煙には、ニコチンだけでなく、発がん物質や発がん促進物質、その他有害物質が多種類含まれています。

低ニコチン・低タールのタバコは、ある程度健康への影響を軽減できるものの、吸わない人と比べれば高リスクであることに変わりありません。

喫煙は、歯周病の原因にもなります。

このように、喫煙は健康には良くないということがはっきりしています。

タバコの本数を少なくしたり、禁煙をして、体の健康を取り戻し、育毛シャンプーなどで頭皮と髪の毛の健康も取り戻しましょう。

禁煙には体重増加がつきものですが、それ以上に禁煙の健康への効果は大きく、禁煙に成功したら次に体重のコントロールをしてください。

そして、健康や頭皮や髪を保つよう、育毛シャンプーで正しいヘアケアを心がけましょう。


★人気の育毛剤~価格比較・レビュー~★
★人気の育毛シャンプー~価格比較・レビュー~★

薄毛の原因を根本から解消!■育毛先進国米国式*育毛メソッド■
  1. トラックバック(-)|
  2. コメント:0
  3. カテゴリー:薄毛

なぜ薄毛になるのか?

なぜ「薄毛」になってしまうのでしょうか?

今回は、薄毛の原因について、お話してみたいと思います。


薄毛の原因というのは、様々なことが考えられますが、いくつかみていきましょう。


<遺伝的要因>

髪を作る細胞には、親からの遺伝子情報が含まれています。
ですので、遺伝的要因というのを完全に否定することはできません。

しかし、必ずしも遺伝するというわけではありませんし、遺伝についてのことが解明されている訳ではありません。

親や親戚が薄毛の場合でも、正しい知識を身に付け、育毛シャンプーなどを上手に活用して頭皮を保護することで、薄毛を防ぐことができるのです。


<男性ホルモン>

男性ホルモンは、ヒゲなどの体毛の成長を促進する働きがありますが、毛根の毛母細胞に対しては発毛を阻害してしまう働きがあります。

ただ、なぜ男性ホルモンが髪の発毛を阻害するのかについては、現在解明されていません。


<ストレス>

あらゆる病気の原因ともなるストレスは、薄毛についても同様で、その原因につながります。

ストレスがたまり、自律神経に影響が出て、血流が悪くなり、それが薄毛を促進してしまいます。


<生活習慣>

体の健康と同じように、バランスの良い食事や、睡眠時間をしっかり確保することは、髪にとっても、良いことです。

また、喫煙は血流を悪くするため、薄毛の原因となってしまいます。
髪にも健康が必要です。

また、頭皮が蒸れやすい帽子やヘルメットなどのかぶり物も、頭皮が炎症を起こしてしまい、薄毛の原因となってしまう可能性があるので気をつけるようにしましょう。

そして、育毛シャンプーなどを用いて、頭皮をいたわるように洗うことが大切です。

体を大切にするのと同じように、頭皮も大切に扱わなければなりません。

そのためには、自分に合った育毛シャンプーを使用するようにし、髪の健康を保つように心がけましょう。



ハゲ・薄毛への挑戦状!
■育毛先進国米国式*育毛メソッド■


  1. トラックバック(-)|
  2. コメント:0
  3. カテゴリー:薄毛
スポンサードリンク



  1. 育毛シャンプー/育毛剤 | 育毛.net
  2. > 薄毛
ブックマーク&RSS登録



最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
売れてます!


育毛先進国米国式育毛メソッド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。