育毛シャンプーや育毛剤など、育毛や薄毛、AGAなどについての知識・情報

ここからコンテンツ内です。
  1. 育毛シャンプー/育毛剤 | 育毛.net
  2. > 脱毛症

ハゲ・薄毛への挑戦状!育毛先進国米国式育毛メソッド

スポンサードリンク



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. トラックバック(-)|
  2. コメント(-)
  3. カテゴリー:スポンサー広告

秋の抜け毛について


秋は抜け毛の季節なんて言われますが、それはなぜなのでしょうか?

当然のことながら、夏は1年を通じて発汗が多い季節です。
かいた汗は、皮脂に吸収され、水分が蒸発して、皮脂に塩分が残ります。
塩分は固まりやすい性質があるので、夏は皮脂が硬くなりやすいのです。
そして、皮脂の分泌と固まることが繰り返され、皮脂が大きな塊となってしまうのです。

また、夏の強い紫外線を受けることによって、頭皮は痛みやすくなります。

このように、夏に硬くなってしまった皮脂のため、髪に栄養分が行き届かなくなり、さらに痛んだ頭皮の影響で、秋は髪が抜けやすくなるというわけなのです。

もちろん、個人差もありますし、誰でも秋になると抜け毛が増えるというわけではありません。
秋に髪が抜けやすくなる可能性のある人は、汗をよくかく人、夏に紫外線をよく浴びるような仕事やレジャーをした人、紫外線に弱い人、脂症やフケ症の人などです。

秋の抜け毛を防ぐためには、頭皮の清潔を保つことが大切です。
育毛シャンプーなどで頭皮を清潔に保ち、秋の抜け毛を予防しましょう。

急に秋の抜け毛がはじまってしまったら、放っておくと抜け毛が増えてしまいますので、そのままにせず、育毛シャンプーで頭皮を健康にして、大切な髪を守るようにしましょう。

また、秋に抜け毛に悩まないよう、夏に予防策を講じるようにしましょう。
帽子をかぶるなどして頭皮の日焼けを防ぎ、汗をかいたらシャワーをあび、すぐに汗をふきとるなどの対策も必要です。
野菜や果物を多く摂りましょう。

秋の抜け毛は自然と治る人もいますが、そのままヘアケアを怠ると抜け毛が続いてしまう人もいます。
体の健康を保つように、髪の健康にも注意して、抜け毛を防止してくださいね。
スポンサーサイト
  1. トラックバック(-)|
  2. コメント:2
  3. カテゴリー:脱毛症

「脂漏性脱毛症」について



「脂漏性脱毛症」とは、頭皮に過剰な皮脂が分泌され、それが原因となって引き起こされる脱毛症です。

過剰な皮脂が角質と混ざり合って、硬い角栓物質を作り、それが毛穴を詰まらせ、毛穴の炎症の原因となって、脱毛が生じます。

この脱毛を繰り返すうちに、髪のサイクルが乱れていきます。
そして、壮年性脱毛症となってさらに脱毛が進行するのです。

脂漏性脱毛症の原因としては、男性ホルモン、洗髪しないことによる皮脂過剰・雑菌の繁殖、刺激の強いシャンプーやリンス等の利用やすすぎ残し、血行不良、片寄った食生活などが挙げられます。

また、ダイエットによる栄養不足は、毛細血管から毛乳頭が栄養を受けとることができず、髪の栄養不足を引き起こしてしまいます。
間違ったダイエットは体だけでなく髪にも悪影響を与えてしまいます。

脂漏性脱毛症の対策として、育毛シャンプーでしっかりと角栓を揉みだすように頭皮を洗いましょう。
ビタミンB2・B6などの皮脂の代謝を促す食品を摂るようにすると良いです。
ストレスを溜めないこと、飲酒やタバコを控えることも大切ですね。

また、甘いものや炭水化物の取りすぎにも注意しましょう。
そして、スポーツなどで汗を流し、新陳代謝の良い体を作るようにしてください。
半身浴も体の血行を促します。

このように脂漏性脱毛症は、健康な体作りで防ぐことができます。

バランスの良い食事、適度な運動を心掛け、健康な体と髪を作りましょう。
そして、角栓様物質を作らないためにも、育毛シャンプーで頭皮を清潔に保つことが大切です。


★人気の育毛剤~価格比較・レビュー~★
★人気の育毛シャンプー~価格比較・レビュー~★

薄毛の原因を根本から解消!■育毛先進国米国式*育毛メソッド■
  1. トラックバック(-)|
  2. コメント:0
  3. カテゴリー:脱毛症

円形脱毛症とは

円形脱毛症は、突然頭髪が円形や楕円形に抜けてしまい、地肌がはっきりと見える脱毛斑ができる病気です。

男女差はなく、0歳~80歳以上まで誰でも発症する可能性がある病気です。
アトピー性皮膚炎などのアトピーの素因を持つ人は治りにくいとも言われています。

ただ、性格とは無縁で、一般的に言われているほどストレスとは関係がないようです。

円形脱毛症は、脱毛斑が1つだけできる単発型、2ヶ所以上できる多発型、頭全体の毛が抜ける全頭型、頭髪だけでなく眉毛や体の毛など全身の毛が抜けてしまう汎発型の4つの種類に大きく分けられます。

脱毛が1ヵ所だけで特に広がる様子がなければ、たいていは6ヶ月程度で自然治癒すると言われています。

多発型、全頭型、汎発型と症状が悪化するに従って治りにくくなってきます。
また、年齢が低いほど治りにくく、再発を繰り返すケースが増えてきます。

脱毛部に産毛の再生が見られず、広がっていく場合や脱毛箇所の数が増えたりしたら、できるだけ早く皮膚科専門医に診てもらってください。

特に、子どもの場合には、円形脱毛症とは別にトリコチロマニア(脱毛癖)による脱毛も見受けられます。
トリコチロマニアは、精神的不安定が原因となって、自分の毛を自分で引き抜いてしまう病気です。
円形脱毛症と間違えられることが少なくありません。

どちらにしても、早期診察と適切な治療が大切になりますので、1ヵ所でも脱毛が見られたら早めに受診をするようにしてください。

円形脱毛症の場合は病気なので、育毛シャンプーや民間治療に頼るのではなく早期受診と根気よく治療することが大切です。

円形脱毛症の原因は自己免疫説というのが有力で、正常でない免疫反応のため、リンパ球の毛球部への攻撃により脱毛が起こったことが推察される場合があります。

このような場合では、育毛シャンプーなどを用いても治らないため、早期に病院に行くようにしましょう。


★人気の育毛剤~価格比較・レビュー~★
★人気の育毛シャンプー~価格比較・レビュー~★


育毛先進国米国式育毛メソッド
  1. トラックバック(-)|
  2. コメント:0
  3. カテゴリー:脱毛症

AGA(男性型脱毛症)

最近、テレビのCMや雑誌などでもよく見かけるAGA(エー・ジー・エー)とは、Androgenetic Alopecia「男性型脱毛症」という意味です。

成人男性によく見られる、頭頂部や額の生え際の髪が一方、もしくは両方とも薄くなっていく状態のことで、男性ホルモンが主な原因だと言われています。

抜け毛が進んで、薄毛が目立つようになります。

しかし、AGAでは薄毛が進行した場合でも、うぶ毛が残っており、それは髪の毛が作られる毛包が残っているということです。

その場合には、髪の毛は太く育つ可能性があるということです。

AGAの治療薬として、頭皮につける薬では、塩化カルプロニウム・ミノキシジル、飲む薬としては、フィナステリド(商品名プロペシア)がその効能・効果を認められています。

フィナステリド錠は、日本では2005年に輸入が承認され、発売されました。
フィナステリド錠は、女性には効能が認められておらず、男性のみの服用となります。

また、効果が現れるまで6ヶ月程度の服用が目安となります。
医師と相談しての服用が必要です。

それと、保険がきかない薬になるため、治療費用全体に健康保険が適用されません。

また、海外から個人で輸入するという人もいますが、品質や流通経路などの問題があるので、薬は勝手に服用せず、安全のため医師の診察・処方を受けるようにしましょう。

このように、現在では薄毛の治療薬もあります。

しかし、薬だけでなく、正しく育毛シャンプーを使い、規則正しい生活やバランスのとれた食事を取ることも大切です。

AGAなどの薄毛に悩まれている方は、育毛シャンプーの利用にプラスして、このような治療を受けるのも1つの選択肢でしょう。



ハゲ・薄毛への挑戦状!
■育毛先進国米国式*育毛メソッド■


  1. トラックバック(-)|
  2. コメント:0
  3. カテゴリー:脱毛症
スポンサードリンク



  1. 育毛シャンプー/育毛剤 | 育毛.net
  2. > 脱毛症
ブックマーク&RSS登録



最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
売れてます!


育毛先進国米国式育毛メソッド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。