育毛シャンプーや育毛剤など、育毛や薄毛、AGAなどについての知識・情報

ここからコンテンツ内です。
  1. 育毛シャンプー/育毛剤 | 育毛.net
  2. > 育毛シャンプー

ハゲ・薄毛への挑戦状!育毛先進国米国式育毛メソッド

スポンサードリンク



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. トラックバック(-)|
  2. コメント(-)
  3. カテゴリー:スポンサー広告

ヘナ商品(染毛剤や育毛シャンプー)でのトラブル

植物染料である「ヘナ」を使用した染毛料には、その葉を乾燥・粉砕したパウダー状のものや、クリーム状のもの、シャンプーなどがあります。

ヘナだけで染毛した場合には淡赤から淡褐色となります。
このため、ヘナだけでは黒く染色することはできず、日本人の白髪染めとしての効果はほとんどありません。

2007年に国民生活センターでは、ヘナ配合をうたった「ケミカルヘナ」や「ブラックヘナ」などの表示のある商品の一部には、医薬部外品ではないのに酸化染料が含まれているものがあると発表しました。

テストされた商品のなかには、一般的な染毛剤と比べて比較的高濃度のものと同程度、酸化染料が配合されていたものもあります。

また、人毛かつら用、雑貨品などと表示されているのにもかかわらず、頭髪に使用すると受け取れる表示のある商品もありました。

これらの商品は、医薬部外品の個別承認を受けていなかったため、薬事法に抵触すると考えられました。

また、頭髪に使用する毛染め商品で、化粧品に分類されるものは全成分を表示しなければなりません。

しかし、これらのテスト商品の中には、酸化染料が検出されたにもかかわらず表示されていなかったので、成分表示に問題があることがわかりました。

このように、表示方法が間違っていたり、法律に抵触するような商品も存在します。
人毛かつら用の商品を毛髪には使用できません。

また、ヘナの表示がある場合でも、このように酸化染料が配合されているものも販売されているため、注意が必要です。

ヘナ商品だけに限ったことではありませんが、育毛シャンプーなどの人体に触れるような商品は、説明をよく読み、おかしな点があったときには、消費者センターなどに相談することが大切です。

育毛シャンプーなどを使用した場合に、かぶれなどのアレルギー反応が出た場合には、すぐに使用を中止してください。


★人気の育毛剤~価格比較・レビュー~★
★人気の育毛シャンプー~価格比較・レビュー~★

ハゲ・薄毛への挑戦状!■育毛先進国米国式*育毛メソッド■

スポンサーサイト
  1. トラックバック(-)|
  2. コメント:0
  3. カテゴリー:育毛シャンプー

人気の育毛シャンプー

今回は、様々な種類が販売されいる育毛シャンプーの中で、人気のあるシャンプーのいくつかを紹介したいと思います。

■ヘアメディカル 薬用シャンプースカルプD

オイリー(脂性肌用)とノーマル&ドライ(普通肌・乾燥肌用)の2種類があります。
抜け毛予防に効果的だと言わている、ケープアロエエキス・ジオウエキス・チョウジエキス・ウコンエキス・ヒオウギエキスなどの成分を配合しています。
頭皮の環境を整えるために考えられたシャンプーです。


■プロピア プログノ126シャンプー

抜け毛や薄毛で悩んでいる人用の頭皮に優しいプロテイン配合のシャンプーです。
ステビア発酵エキス・ナノ化スフィンゴミエリンを新たに配合した「プログノ126EXシャンプー」もあります。


■柑気楼(かんきろう)薬用モイストシャンプーエクストラ

有効成分グリチルリチン酸ジカリウムが配合されており、毛穴に詰まった皮脂や汚れをしっかり落とします。
髪と頭皮のためのコラーゲンやヒアルロン酸などの美容成分も配合されたリンスがいらないアミノ酸のシャンプーです。


■花王 サクセス 薬用シャンプー

毛穴に詰まった脂を落とし、育毛剤の浸透を助けるシャンプーです。
ふけやかゆみを防ぎ、頭皮や髪の毛を清潔に保ちます。
シャンプーの液が直接頭皮にゆきわたるよう、容器がダイレクトタッチ式に工夫されています。


紹介した他にも多くの育毛シャンプーが販売されています。
自分の髪質や頭皮の状態に合った育毛シャンプーを選んで、頭皮と髪の健康を保つようにしましょう。


★人気の育毛剤~価格比較・レビュー~★
★人気の育毛シャンプー~価格比較・レビュー~★

ハゲ・薄毛への挑戦状!■育毛先進国米国式*育毛メソッド■

  1. トラックバック(-)|
  2. コメント:0
  3. カテゴリー:育毛シャンプー

育毛のための正しいシャンプー方法

薄毛や抜け毛に悩んでいる人は、何も知らずに髪を洗うと、逆に髪を傷つけてしまい、炎症を起こしたりして毛根を傷つけてしまう危険性があります。

そこで今回は、正しいシャンプーの方法について説明したいと思います。

シャンプーは洗浄力が強いものだと皮脂を必要以上に落としてしまうため、頭皮がそれを保護しようとして皮脂を分泌してしまいます。

頭皮に優しい洗浄力の弱い弱酸性のアミノ酸シャンプーや育毛シャンプーを利用するようにしましょう。

使い慣れたシャンプーだとしても、現在のあなたの頭皮に合わない可能性もあります。
そのような場合には、シャンプーを変えてみる必要があります。

シャンプーは髪を洗うというよりも頭皮を洗うということに重点をおきましょう。
毛髪の汚れを取るより、頭皮の皮脂を取るほうが簡単ではないからです。

まず、髪をしっかりと濡らしてください。
そうしないと充分に泡が立たず、頭皮や髪に負担がかかることになり、傷つけてしまうおそれがあります。

優しく毛根から頭頂部に向かってマッサージをするような感じで洗うと、毛穴に詰まった皮脂を取り除き、頭皮の血行促進を促します。

洗うときには、必ず爪を立てずに、指の腹を使って洗うようにしましょう。
また、すすぎは念入りに行いましょう。
特に毛根や頭皮のすすぎは念入りに行ってください。
シャンプーが残っていると、頭皮に悪影響を与えてしまいます。

洗顔するときに泡をしっかり立てて洗い、しっかりと泡を洗い流すのと同じことです。

そして、タオルでたたくようにして水分を取ります。
ゴシゴシと擦ってしまっては髪を傷めてしまいます。

最後に低温のドライヤーで水分を乾かします。

自分に合った育毛シャンプーを使い、健康な頭皮と髪を維持するために正しい洗い方で、髪を大切にしてください。


★人気の育毛剤~価格比較・レビュー~★
★人気の育毛シャンプー~価格比較・レビュー~★

ハゲ・薄毛への挑戦状!■育毛先進国米国式*育毛メソッド■
  1. トラックバック(-)|
  2. コメント:0
  3. カテゴリー:育毛シャンプー

育毛シャンプーについて

髪を清潔にし保護するために、一般のシャンプーを利用されている方は多いと思います。

しかし、一般のシャンプーというのは、基本的に髪の保護や補修を目的として製造・販売されています。


一般のシャンプーは、石油系・石けん系・高級アルコール系・アミノ酸系などの種類があります。

石油系・石けん系・高級アルコール系のシャンプーというのは、頭皮の脂性の多い・もしくは普通の人向きのシャンプーです。

アミノ酸系のシャンプーは、頭皮への刺激が少ないので、皮脂を取りすぎません。

また、リンスインシャンプーは、皮脂を多くします。

髪をストレートにする効果があるというシャンプーにも、髪自体に作用する成分を多く含んでいるため、頭皮にはあまり良い影響を与えません。

「うるおい」を特徴にしているシャンプーも皮脂を多くします。

また、「天然」を特徴としているシャンプーの場合でも、天然がすべて体に良いとは限りませんので、「天然」=「良質」と安易に考えてはいけません。


一般に販売されているシャンプーというのは、あくまでも身体を清潔、美化するためのものです。

一方、医薬部外品シャンプーは、脱毛を抑止し、育毛を促進するもので、薬用シャンプーとして多く販売されています。

育毛剤を浸透しやすくし、より効果を高める働きがあるものや、またはシャンプー単体で育毛や薄毛予防の効果のあるものがあります。


「育毛シャンプー」とは、頭皮を清潔に保ち、育毛成分を含んでいるシャンプーのことを言います。

自分にあった育毛シャンプーを選ぶためには、まずこのようなそれぞれのシャンプーの違いを知っておく必要があります。

皮脂が過剰なのは困りますが、落としすぎてしまっても良くありません。

自分の頭皮にあった育毛シャンプーを選ぶことが大切です。



ハゲ・薄毛への挑戦状!
■育毛先進国米国式*育毛メソッド■



  1. トラックバック(-)|
  2. コメント:0
  3. カテゴリー:育毛シャンプー
スポンサードリンク



  1. 育毛シャンプー/育毛剤 | 育毛.net
  2. > 育毛シャンプー
ブックマーク&RSS登録



最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
売れてます!


育毛先進国米国式育毛メソッド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。